Event
イベント

6 - 1
フルタイム

詳細

時刻 League シーズン
15:00 ジャパンカップ 2021

結果

チーム1st2nd3rdT勝敗
イーグルス1326Win
横浜GRITS0101Loss

得点情報

〈横浜GRITSの得点〉
①28:23 G84松渕 A87茂木 54熊谷

 

〈レッドイーグルス北海道の得点〉
①19:59 G9髙木 A20山下 16彦坂
②21:14 G97中屋敷 A19中島
③32:32 G7百目木 A92越後 10三田村
④38:17 G97中屋敷 A19中島 88佐々木
⑤42:53 G21久慈 A15入倉 91柴田
⑥52:54 G15入倉 A6山田 21久慈

 

ゲームシートはこちら

 

コメント

◉浅沼監督

―試合を振り返って
(昨日とセットを変えたのは)昨日のプレーでセットが悪いわけではなかったが、より組み合わせを変えてフレッシュな気持ちでもう一度臨んでほしいと思った。昨日の試合が終わった後に選手一人一人に反省点、改善点を挙げてもらった中で、お互いをサポートするという気持ちを生かしたいと思い臨んだ。セットの変更による戸惑いもあったと思うが、やるべきことは変わらないので、精度をどう高めるか選手同士で綿密に話し合ってもらった。
第1ピリオドは黒岩の好セーブもあり非常に良い出だしで、相手のゴール前にも向かっていけたと思う。最後の1秒にちょっとしたすれ違いからマークが外れ、遠くから打たれたシュートで失点してしまったことが、相手にいいペースを作らせてしまったと思う。その他にも、守りの意識はあったものの失点するシーンがあった。負けてしまったが、パワープレーで得点できたことも含め、みんなが足を回し続けたことで良いテンポで試合を進められたと思う。少ないチャンスをどれだけ生かすことができるかが、これからの課題になっていくのかなと思う。
―次戦のクレインズ戦に向けて
守りを徹底し、第3ピリオドでラッシュをかけられればと思う。また、相手が誰であれ変わらないが、ゴールを外さないこと。しつこくゴールを狙う泥臭いプレーをやり抜くこと。60分が終わったときにスコアを見上げてやり切ったと思える試合にしたいと思っている。どんな試練があっても下を向かず、ベンチからも声を出して、リンク上でもコミュニケーションを取りあい、100パーセント以上のプレーをしてチームを引っ張っていけばさらに盛り上がると思う。次のクレインズ戦も粘り強く、最後まで戦い抜きたい。

◉FW #13 岩本和真

―今日の試合を振り返って
皆で昨日の反省点を話し合い、セットを変えて臨んだ。スタートは良い感じで臨めたものの第1ピリオドの最後で気が緩んで失点してしまってから、流れを引き戻せなくなってしまった。点数を取った後にもすぐ失点しているので、流れを引き戻すことができず、このような試合展開ではイーグルス相手に勝つことはできないと思った。
―昨日の試合と比べて良かったところは
昨日は相手に簡単に攻められてしまったが、今日は当たるところは当たる、ハードに行くところは行く、と改善できた。昨日よりは良かったのかなと思うが、2試合とも7失点、6失点していることを考えるとどこもポジティブに捉えてはいけない、まだまだ練習しないといけない、ということを表していると思う。
―次戦、ホームのクレインズ戦に向けて
今回のイーグルス戦で、できていないところや、今までできていたのにまたできなくなってしまった部分がたくさん見つかった。そこをしっかり修正して、初心に戻って良い守りをして、そこから良い攻めにいくということを徹底したい。それによってチャンスが生まれてくると思うので、良いときのGRITSのように粘り強く我慢して、そこからチャンスで決めるというホッケーをやっていきたいと思う。

◉FW #21 金子透悟

─センターでの起用について
守りを得意としているので、4つのライン(セット)の中での守備のバランスをとるためだったと思う。自身のミスで1失点してしまい、しっかりと役割を果たせなかったので、次頑張っていきたい。

─クレインズ戦に向けて
1週間空いてからの試合になるので、今システムで崩れている部分を見直して、マイクHCに教わったシステムで、しっかり準備していきたい。