team
グリッツについて

私たちの理念
Our Mission

横浜GRITSは
「夢」と「生きる活力」に
満ちた社会を創ります。

  • 01
    選手たちのデュアルキャリアの浸透をはかります

    「競技活動と仕事の両立」という働き方改革によって、スポーツ選手を目指す子どもたちに夢と希望を与えるロールモデルになります。こういった形で先駆者を輩出する「デュアル・プロ育成モデル(DPM)」の確立もあわせて進めます。

  • 02
    冬の横浜を、もっと元気にします。

    老若男女が盛り上がる場を、アイスホッケーを通じて提供します。産学官のコラボレーションによって、横浜をともに盛り上げていくほか、主に子どもを対象としたアイスホッケー教室を開くことで、地域のスポーツ振興を後押しします。

  • 03
    アイスホッケーの普及に尽力します。

    アイスホッケーを、野球やサッカー、バスケットボールに並ぶ人気スポーツにします。また日本全国の子どもたちの競技人口を増やし、競技レベルの向上につながる取り組みを行うほか、次世代の選手たちが安心できるキャリアパスを用意します。

代表メッセージ
Message

日本のアイスホッケーを、
メジャーなプロスポーツに。

北海道で生まれ、物心ついたころから身近にアイスホッケーがあった私の青春は、文字通りこの競技一筋でした。当時の夢は、実業団チームで活躍すること。ところが高校、大学へと進むにつれ、アイスホッケーだけでは生活もままならないというシビアな現実に道を阻まれます。

多くの才能が埋もれてしまう、この残念な状況を打開したい。アイスホッケーを、野球、サッカー、バスケットボールに並ぶ、メジャーなプロスポーツにしたい。この競技に情熱を注ぐ次世代や現役アスリートたちが、夢をもってプレイできる環境を整えたい。私たちが横浜GRITSを起ち上げた理由です。

プロ化が進んでいない日本のアイスホッケーはいまだ発展途上。だからこそアイスホッケーを愛する私たちの出番です。あらゆるプロスポーツを凌駕する本競技の魅力を横浜から発信し、日本中のファンと分かち合う「みんなのGRITS」を確立する挑戦は幕を開けたばかり。仕事は山積みですが、やり甲斐は十分です。

スポーツ界では、引退後のセカンドキャリア問題が取りざたされていますが、GRITSではすべての選手が「デュアルキャリア」(「GRITSについて」に詳細)を歩みます。これは選手たちが安心して競技生活をまっとうできる仕組みのひとつ。GRITSからこの仕組みをスタートし、アイスホッケー界へ、さらには日本のスポーツ界全体に普及することで、好影響を及ぼしていくこともGRITSの使命です。

チーム名の「GRIT」には「やり抜く力」という意味があります。「日本のアイスホッケー界に変革を起こし、グリッツに関わるすべての人に夢と生きる活力を提供する」というこの壮大な夢を、私たちは横浜の地でやり抜きます。多くの人の目に触れるこの大都市を舞台にしてこそアイスホッケーをメジャースポーツにできる。私たちは心からそう確信しています。

GRITSスポーツイノベーターズ株式会社 代表取締役
臼井亮人

会社概要
Company info

社名
GRITSスポーツイノベーターズ株式会社
所在地
〒231-0801 横浜市中区新山下2丁目4番3号 4F
Email
info@grits-sport.com
設立
2019年5月
役員

代表取締役

臼井亮人


取締役

御子柴高視


取締役

石塚亮平


取締役

森井宏誠


取締役

荒木秀


取締役

山川恭弘

チーム名
横浜GRITS(YOKOHAMA GRITS)
ホームタウン
神奈川県横浜市
ホームアリーナ
KOSE新横浜スケートセンター
理念
夢と生きる活力に満ちた社会を創る

パートナー紹介
Our partners

vasalloDAIKO運送女子チアポンテレサイト扉クロスオーバーVIVIDトレッサガトーよこはま株式会社アビータス株式会社エコテックエコプロコートSPORTS JAPAN GATHERAfriMedicoChina Hockey Groupcmapperdebual株式会社稲ノ部株式会社Japan Asset ManagementPeace FactoryTokyo IceHockey Channel株式会社ventus合同会社アルベイムコーザイ株式会社スパルタ英会話スポチュニティfridge Inc.有限会社ピー・ピー・エス浜の牡蠣小屋リカーポート 蔵家神子整体院山海楼ミコヤ香商岩井の胡麻油