Event
イベント

9 - 0
フルタイム

詳細

時刻 League シーズン
15:00 ジャパンカップ 2020

結果

チーム1st2nd3rdT勝敗
イーグルス9Win
横浜GRITS0Loss

得点情報

〈王子イーグルスの得点〉

①15:00 G34橋本 A7百目木、88佐々木

②19:54 G9髙木 A20山下、18レデンバック

③24:09 G23芳賀 A92越後、90小林

④27:15 G19中島 A88佐々木、34橋本

⑤35:11 G19中島 A8高橋、34橋本

⑥35:29 G10三田村 A18レデンバック、6山田

⑦39:02 G7百目木 A8高橋、19中島

⑧48:59 G29ハリデー A9髙木、21久慈

⑨50:35 G19中島 A34橋本、88佐々木

ゲームシートはこちら

 

コメント

浅沼 芳征監督

―今日の試合を振り返って

昨日の反省点をミーティングで共有、修正して、進化していこうとはしていた。一方で、王子イーグルスの”王子”選手としての最終戦ということで、意地のあるプレーだった。点差がついても王子の選手は全力で向き合ってくださり、GRITSとしてとても光栄なことだと感じている。この悔しい気持ちや、GRITSのファーストシーズンを良い形で次のシーズンにつなげていきたい。

 

―この1年を振り返って、来年に向けて

半年前はこてんぱんにやられることや、選手が怪我でベンチがガラガラの時もあったが、選手が日々進化し、ホームでも無失点を乗り越え、得点を決めるまでになった。試合ができない状況でも、選手は集中力を切らさず練習に励み、いつでも試合に臨めるコンディションづくり、紅白戦や練習試合を行うことができたのも、選手の心の成長につながっていると思う。来年は、シーズン1勝。そして、1戦1勝のチームづくりを目指していきたい。

 

平野 裕志朗選手

―この最終節に挑むにあたって

簡単にはいかないと思っていたが、自分たちがしつこくプレーすることが相手が嫌がることだとチーム内で共有できていた。しかし、試合間隔が空き、2連戦ということに対して準備が足りず、昨日できたことが今日できなかった。

―当初のチームとどう変わったか

開幕戦の王子イーグルス戦でアジアリーグのレベルの高さを選手たちが実感して、はじめは何をしていいのかわからなかったと思います。しかし、試合を重ねていくうちにチームという組織や個人として、やるべきことを明確に理解しているからこそ、相手にも怖がられるという存在にはなれたと思う。

―来シーズンへの意気込み

GRITSでシーズンをやりきったことは、今後の自身の強みになる。しかし、1勝もできなかったことは課題にもなる。GRITSはアイスホッケー界を変える存在だと思うので、今後何をしていくべきなのかを考えながら、チームに良い影響を与えられるようになりたい。

菊池 秀治選手

―この1年を戦いきって

僕らが求めていた結果にはならなかったが、横浜GRITSとして個人個人が意識を変えて取り組んでくれたのは、とても満足している。開幕戦と今日の試合は、見方によっては変わらないと思われるかもしれないが、数値に見えないところで大きく異なると信じている。

―デュアルキャリアについて

各々が大変な思いをしていると思うが、デュアルキャリアを掲げるには、アジアリーグに参戦するだけでなく、結果で示すということは、当初も今も変わらない。来シーズンは、その思いを果たせるように努力したい。

―どのようなところに手応えを感じているか

選手の意識。アジアリーグ未経験の選手が多かったが、練習や試合を重ねるごとに顔つきが変わった。